時間の使い方

毎日忙しすぎる育児ママ!家事や育児の間で効率的に資格の勉強をするには?

勉強時間の確保

育児中のお母さんで、社会復帰のために資格を取得したいと考えることはありませんか?

育児で数年社会から離れると、その間に世の中がものすごいスピードで進んでいて復帰の時に足踏みしてしまう…なんて悩みを近くのママ友から聞きます。

資格を取得することによって仕事の幅も広がったり、質が向上したります。

また、履歴書を見られた時に意欲的な人、向上心のある人という印象を与えることができるでしょう。

 

しかし、ここで問題なのは勉強時間の確保です。

家事にくわえて不規則な育児もこなしていると、なかなか勉強のための時間を作ることができませんよね。

 

実際、私は主婦として、母として、個人事業主としてめまぐるしい毎日を送っていますが、大学の勉強・資格の勉強時間をしっかり確保しています。

今回は、家事や育児をしながらの勉強方法をご紹介します!

 

子どもが寝ている間は絶好のチャンス!

バタバタと育児をこなしていて子どもがやっと眠ったら、そこでほっと一息つきたくなりますよね。

しかし、そんな子どものお昼寝時間こそ誰にも邪魔されずに資格勉強に挑めるチャンスです!

静かな室内でしっかり集中して勉強を進めていけます。

 

家事や育児で忙しいと資格を取りにくいと思いがちですが、実は忙しい分、短時間で集中して勉強できる人は合格しやすいんです。

これは、通勤時間のあるサラリーマンにも言えること。

集中できる環境を整えて、問題を解いていきましょう!

 

子どもの生活リズムを整えて、勉強する

子どもの生活リズムを整えることで、自分の勉強時間を確保することができます。

子どものお昼寝の時間を利用すると、集中して覚える勉強には適しているかもしれませんが、じっくり取り組みたい時には中途半端になることも。

そんな時には、子どもの生活リズムを早寝早起きに整えることで、自分の勉強時間が確保できますよ!

子どもの生活リズムを早寝早起きにすることは、子どものためにもなります。

最初は苦労しますが、子どもは順応性も高いので繰り返すことで習慣として身に付きます。

 

我が家も20時までの就寝が習慣です。

その後に少し家事を済ませ、あとはじっくりと仕事や勉強に取り組みます。

 

朝の時間を使って勉強する

1日中家事や育児で忙しい!お昼寝をあまりしてくれない!という子どものお母さんは、朝少しだけ早起きして勉強の時間に当ててみてはいかがでしょうか?

朝は家族が誰も起きてこないので、邪魔されることもありません

勉強しているうちに頭がすっきりしてきて、1日を軽快に過ごすことができるようになります。

 

朝ごはんの支度などで勉強をする時間の区切りが明確になるので、夜勉強してつい夜更かししてしまった…なんてこともありません。

その分夜は早めに寝る習慣を身に付けることで、健康的な生活を送れるようになりますよ。

平日は旦那さんの準備を手伝うから短め、休日は旦那さんが起きてくるまでガッツリ勉強、と分けてみるのもいいと思います。

 

実際、私も毎日朝4時に起きて仕事や勉強をしています。

最初の頃は起きるのも辛かったんですが、今ではスッキリと起きて集中して仕事や勉強ができる状況に大満足です。

 

家族の協力は必要不可欠

一人で家事も育児も勉強も!なんて大変すぎますよね。信頼できる家族には正直に現状を伝えて、協力してもらうようにします。

たとえば保育園のお迎えを変わってもらう、料理は作るけど洗い物はしてもらうなど、簡単なことから。その10分や20分で資格の勉強ができます。

子どもを見てもらって、気分転換にカフェや図書館で勉強するのもありです。

家族に問題を出してもらったりして、みんなで勉強をするのもおもしろいかもしれませんね。

 

実際、ここは難しいところかもしれません。

私も夫に家事や育児で協力は望めないんですが、できることなら協力してもらいたいところです。

 

最後に

家事や育児が忙しくて資格勉強ができないと悩んでいる人はきっと多いはず。

毎日の勉強時間は短くても、しっかり集中して挑むことができれば資格の取得も夢ではありません

スキマ時間を使って効率的に勉強したり、生活リズムを変えてみたり、家族に協力してもらったりして、家族みんなで合格を目指してみませんか?

RELATED POST