資格の勉強法

続かないなんて言わせない!忙しい人でも資格取得のモチベーションを維持するコツ

資格取得のモチベーション

いざ資格を取得しよう!と意気込んでも、忙しい毎日を過ごしているといつの間にかモチベーションが下がり、結局教本に触れなくなってしまった…という方は多いですよね。

私も幾度となく通信の資格取得で挫折を味わってきました。一番最悪なパターンとしては、手元にあるだけで満足してしまったことも…。

 

忙しくても資格に合格している人は、どのようにして勉強のモチベーションを維持しているのでしょうか。

実は誰にでもできることを実践するだけで、モチベーションは維持できるんです!

その方法をチェックしてみましょう。

 

資格取得の動機を明確に!

まずは、なぜその資格を取得したいのかを明確にしましょう。

資格をとって昇格すれば給与が上がりますし、その資格で今よりもっといい職場に転職できるかもしれません。

趣味に関することの理解をより深められたり、好きを仕事にできるかも。

資格を取得することのメリットを思い出して、それをモチベーションにしている方は非常に多いです。

 

逆に、なんとなく資格を取ろうかな…と思うと、なかなかモチベーションは維持できません。これは、資格取得した後に「何がしたいか」という光景が描けていないからだと、心理学の面でも言われています。

小さなことでもいいので、資格取得した先を見据えてしっかり取り組みたいですね。

小さな目標を達成していく

資格勉強の最終目標は合格ですが、それだけではなく日々小さな目標を設定して、それをクリアしていくようにするといいでしょう。

たとえば「1章分を完璧に覚える」「過去問で○点以上をとる」などです。

達成できたら自分に自信がつき、今後の勉強のモチベーションにつながります。

 

私の目標は前述したよりももっと低く、「1日1回は教材を触る」です。

日によって余裕の有無も違います。

忙しい毎日の中で自分を追い込むのだけが、良い勉強法だとは言えません

 

達成できないと「自分はだめだ…」と落ち込んでしまうので、ゆるすぎると感じるくらいの簡単な目標を設定するのがおすすめです。

 

無理のない勉強時間の確保を

忙しい人がいきなり「1日3時間勉強!」と意気込んでも続くはずがありません。

家事、育児、仕事、付き合いなどでどうしても勉強時間を確保できない日もあります。

そのため、無理なスケジュールではなく、どうにか日常生活に勉強を挟み込めるように工夫していくことが重要です。

休憩時間、子供のお昼寝時間、通勤時間、お風呂で半身浴をしている時間も勉強のチャンスです。

まとまった勉強時間を確保できない分、短時間で集中して勉強に取り組むことができますよ!

ポケットやバッグに収まる小さめの教本を選ぶと、どこでも勉強しやすくなります。

 

最後に

資格勉強に大切なのは勉強時間ではなく、モチベーションを維持して続けることです。

一人で勉強をしているとつい「もういいや」と諦めてしまいがちですが、せっかく資格を取りたいと思ったのなら、その気持ちを無駄にしないようにしましょう!

今回ご紹介した方法以外にも、自分へのご褒美を考える、友人に資格勉強の進行度を報告するなどのモチベーションアップ方法を取っている方もいました

自分が一番やる気の出る方法をみつけていきましょう!

RELATED POST