資格の勉強法

資格の勉強方法、間違ってない?失敗しがちな人の特徴を反面教師に

資格の勉強方法、間違ってない?失敗しがちな人の特徴を反面教師に

資格の勉強をしていたのに落ちてしまった、どうやって勉強すればいいのかわからないとお悩みの方!ちょっとした習慣や考え方が失敗につながっているかもしれません。

資格試験に合格するために、まずは資格勉強に失敗しがちな人の特徴をチェックして役立たせてみませんか?

失敗しがちな人の特徴を知ると、自分の資格勉強をする時にその特徴を回避できますよ!

自分が失敗しないために、ぜひ頭の片隅に覚えていてくださいね。

 

教本をたくさん買い込む

資格の教本はたくさんあります。どれがいいかわからないからとりあえず書店にあるものをたくさん買ってみた、という方は要注意。失敗しやすい傾向です!

教本にはそれぞれのクセがあり、考え方、教え方、出題方法もさまざまです。

あれこれと手を付けると頭が混乱したり、結局最後まで進められずに本番にいどむ…なんてことにもなりかねません。

教本は1冊あれば十分です。

昔から続くシリーズのものを購入して、その1冊を完璧に理解できるようにしましょう。過去問がついているものだとさらにいいですね。

ミスを見直さない

過去問をといてミスを「間違っちゃった」で済ませていませんか?資格勉強には反復練習も大切です。

なぜ間違えたのか、どのような理論で正解が出るのかをしっかり把握して、もう一度ときなおすようにしてください。

何度も何度も繰り返すことで覚えよう!と意気込まなくても、自然と知識が身についていきますよ。

 

暗記しかしない

資格の出題範囲はある程度決まっています。そのため、出題範囲の問題を暗記だけしてしまえば大丈夫!とお考えの方も多いでしょう。

しかし、暗記だけで試験にいどむのは危険です。ふとした拍子にど忘れしてしまったり、覚えていないところが出題されたり可能性もあります。

その問いに対してどうしてその答えが出るのか、という点をしっかり理解しながら問題を解きすすめていくことで、答えをど忘れしても自分の力で問題をとくことができるようになります。

 

自分の弱点を知らない

しっかり勉強したはずなのに不合格だった!という場合、自分の弱点を知らないまま勉強を続けていた可能性があります。

自分の弱点は過去問などで見直すことができますが、その後の復習が大切

忙しいからこの分野は捨てて他を完璧にする!という勉強法もありますが、これはかなりリスクが高いのでやめたほうがいいです。

弱点がなくなるくらい、苦手な部分もしっかり勉強しましょう!

 

最後に

資格勉強で失敗しがちな人の特徴をまとめてみました。

自分にあてはまるところはありませんでしたか?

 

失敗しがちな人の特徴を挙げた理由は、それを反面教師として自分の資格取得のための勉強に活かせるからです。

今一度自分の勉強スタイルを見直して、無駄のない、効率的な勉強方法をみつけていきましょう!

RELATED POST